NEWS

【技術革新の荒波を前に、大阪のとある町工場が選んだ戦い方──最高のTシャツ「EIJI」はこうして生まれた】

超一級品のコットンを使用して、日本有数の技術を持つ大阪の職人たちが最高の1枚に仕上げる。クラウドファンディングでも話題になったTシャツブランド「EIJI」を立ち上げたのは、ファストファッションの煽りを受けて苦戦を強いられていた縫製会社の跡継ぎだった。

新しいテクノロジーが生まれれば、それがどんな産業であれ、旧テクノロジーの担い手は特権的地位を脅かされる。いつの時代も、技術革新の荒波を前にして生き残るための道はおそらく二つしかない。一つは、新たな技術の波に積極的に乗っかる道。もう一つは、自分の手の内にある旧テクノロジーの価値を改めて問い直す道だ。

大阪市北区中崎町にある創業90年の縫製工場「三恵メリヤス」の次期後継者・三木健が選んだのは、後者の道だった。ファストファッション全盛の、大量生産・大量消費を是とする世の中に抗い、逆に大阪じゅうの匠の技を結集することで、これまでになかったTシャツを世に送り出した。それが同社の新しいフラッグシップモデル「EIJI」である。

↓BNLさんに取材していただきました。続きはこちらです↓
https://bnl.media/2018/12/eiji-miki.html